COMPANY

会社概要

ここ福井・若狭の地から
感動品質を未来へ

私たちは、福井和郷に関わりのある皆様の利益を大切にし、情熱を持って日々
「技術」の向上に努めると共に、日本農業界の「あるべき姿」の実現を目指します。

会社案内

社名
株式会社福井和郷
設立
2014年5月12日
本社所在地
〒919-2202
福井県大飯郡高浜町安土第6号1番地6
資本金
110百万円
主要株主
(株)和郷(80.8%)、凸版印刷(株)(16.7%)
取引金融機関
日本政策金融公庫、福井銀行、小浜信金
事業目的
青果の生産・加工・販売
既存事業
施設栽培によるトマト生産
(作付面積3.6ha,生産量 年間300トン)
役員
代表取締役会長 木内 博一
代表取締役社長 山崎 裕一
従業員数
60名(2017年2月末日現在)
TEL
0770-50-9007
FAX
0770-50-9009
生産品目
高糖度トマト(太陽光利用型植物工場)
野菜加工工場(カット野菜・冷凍野菜・フリーズドライ製品)
レタス等の葉物野菜(人工光利用型植物工場)

福井和郷が探求するもの

農業のカタチ

豊かな自然や美しい水に恵まれ、農業大国として歩んできたニッポン。ところが時代の流れと共に、少しずつ状況が変わってきました。

たとえば、少子高齢化による後継者不足や、就業者の高齢化。そして、地球温暖化による気温上昇や降水量の乱れ。天候に頼り、経営の概念が希薄で、生産・加工・販売それぞれの機能や連携が弱い旧来のスタイルのままでは、日本の農業が成り立たなくなってきたのです。

ニッポンの農業復活のカギは、農業と工業を融合させた『次世代大規模施設園芸』にあると、私たちは考えました。福井・若狭の地で日本の農業の新しいカタチをつくり、情報を発信したいとも考えました。

そして夢と希望を形にしたのが、農業(農場Farm)と工業(工場Factory)の技術を融合させた「ファーム&ファクトリー若狭」です。

Made by Japanブランド

「ファーム&ファクトリー若狭」を舞台に展開する次世代大規模施設園芸は、新しい農業のカタチです。

工業技術を融合することで、戦略的な栽培が可能になります。さらに経営の考え方を導入することにより、収益を伸ばす土台を築くこともできます。

私たちは培ったノウハウや技術のパッケージ化やプログラム化を進め、一つの「モデル」をつくります。「ファーム&ファクトリー若狭」は国内のみならず世界へ、「農業×工業」という日本の食の仕組みを発信するためのショールームになるのです。

先人たちが築いてきた、「Made in Japan食材への信頼」は、今後も揺らがないことでしょう。バトンを受け取った私たちの役目は、「Made by Japanブランドの確立」です。

守るべきニッポンの農業を、世界で競争できる企業的農業へ。世界的な人口増加が見込まれる現在、チャンスは無限大です。私たちは世界の食材流通を見据え、成長を目指します。

株式会社 福井和郷 ロゴマーク

株式会社 福井和郷 ロゴマーク

FARMとFACTORYの頭文字である2つのFを折り重ね、それらの融合(Fusion)をシンボリックにデザインしています。カラーは、高浜町が2016年に取得した、「ビーチの国際環境認証<ブルーフラッグ>」のブルーで美しい若狭の海を象徴し、また野菜の持つ新鮮で元気なイメージをイエローに込めています。

FEE Japan提供

A world-renowned eco-label trusted
by millions around the globe

blueflag

福井県高浜町はビーチの
国際環境認証『ブルーフラッグ』
を日本(アジア)で初めて取得いたしました!

goTOP