BUSINESS

事業紹介

農業ビジネスの
新しい事業モデルに挑戦します

ファーム&ファクトリー若狭が目指す、
新しいビジネスモデル

Visualization 栽培の視える化  Innovation 栽培施設のイノベーション Revolution 栽培→加工→販売 フードチェーンの構築

farm factory

農業と工業の融合

ニッポンの農業は、
もっと良くなる

「ファーム&ファクトリー若狭」が目指すのは、農業と工業の融合です。
農業と工業の融合によって生まれる新しい価値を、私たちは確立します。
その価値をパッケージ化・プログラム化して農業界で共有し合い、
農業分野で活躍できる人材の育成も目指しています。

農業的要素
×
工業的要素

ファーム&ファクトリー若狭では、農業的要素と工業的要素の融合を
実現する場として、次の3つの事業を展開しています。

トマトハウス事業

今までにない
トマト栽培を追求

ここで生産するフルーツトマト「フルティカ」は、甘いだけではなく、凝縮された旨みや深いコクが特徴です。土を使わない特殊な栽培方法で、乾くか乾かないか程度の水分で育てるため、水分を吸収しようとして、収穫まで表面にはたっぷり産毛が生えています。施設内には、水分量や温度、湿度をはじめ、生育環境をモニタリング・制御する設備を導入。工業の技術も駆使した栽培を行っています。

  • Farm

    高品質・高収量を実現する栽培ノウハウ

  • ×
  • Factory

    高度な環境制御技術

    特殊な水分ストレスを与える栽培システム

和郷グループで確立された栽培技術を利用して
高糖度トマト栽培を行っています。

  • 01

    温度・湿度・照度・炭酸ガス濃度・灌水量といった環境をモニタリングし、適切にコントロール

  • 02

    3.6ha 大規模連棟型栽培ハウス

  • 03

    ストレス栽培を可能にする特殊な栽培システム

青果加工工場事業

最先端技術で
可能性にせまる

野菜や果物の美味しさをお届けするために、カット・冷凍・ドライの3つの加工技術を統合した加工工場です。真空凍結乾燥機を採用することで、風味や栄養素を保ちながら、長期保存できるフリーズドライ商品を幅広く展開します。和郷園グループで培われた、調理の利便性を高めるカットの技術や、旬の美味しさを閉じ込める冷凍などの加工ノウハウも、存分に活用しています。

  • Farm

    加工に適した原料青果の栽培

    指導・調達ノウハウ

  • ×
  • Factory

    カット野菜、冷凍野菜の工程を管理する工場運営ノウハウ

    フリーズドライ加工技術

和郷グループで行われているカット野菜・冷凍野菜に加えて、
乾燥工程にはフリーズドライ製法を導入しています。

  • 01

    野菜カット工程と果物カット工程ができる2種類のカット工程ラインを保有

  • 02

    バッチ式フリーザーを導入し、野菜・果物の細胞を傷つけない短時間での凍結が可能

  • 03

    フリーズドライを行う為の真空凍結乾燥機を導入

植物工場事業

平成29年度稼働予定

日々進化を続ける
未来型ファーム

人工光利用型植物工場は、土地に依存しない未来型ファームです。工場内ではLEDの光を使い、光・空気・水を完全に人工的にコントロール天候に左右されないため一年を通して安定量を収穫でき、害虫や病気の心配がないため、農薬使用も極限まで減らせます。ファーム&ファクトリー若狭で取り組むのは、レタスやハーブ類を中心とした葉野菜の生産です。その生産能力は1日あたり2万株を超え、国内最大級の規模を誇ります。

  • Farm

    高い品質・収量を安定させる

    植物栽培ノウハウ

  • ×
  • Factory

    製造業のノウハウを適用した生産管理オペレーション

    人工的に栽培する野菜に適した環境を作り出す技術

LEDを利用した完全人工環境の中で、
無農薬野菜を安定的に生産します。

  • 01

    日産2万株を超える
    国内最大級の生産能力

  • 02

    植物に必要な光の質と量、空調、養液を人工的に制御

  • 03

    安定的な計画生産を実現。生産から収穫・出荷まで、クリーンな環境で品質を担保する、効率的で優れたオペレーション

goTOP